長男と長女と ~まずは長男の2022中学受験~

子育てと長男の中学受験(2022年)を中心にした雑記です。

漢字

長男の志望校の入試問題で漢字は出ますし、問題数も少なくありません。

毎日漢字練習をやるように言っていますが、単調で面白くないのか、長男はあまり漢字の勉強をしません。塾の課題をさぼっていた時期も。
4年生用の漢字ドリルを昨年秋頃に購入して、朝にやらせようとしたのですが、ほとんど手付かずの状態で残っています。

今年になって再開し(といっても、たまにやるくらい)、漢字ドリルに出ている言葉、熟語で知らないものに印をつけさせているのですが、意外に言葉や熟語を知らない。
巣立つとか。子どもが親元を離れて独立するとの意味を知らなかったのかな?
巣立つのはまだ先のことで現実味がないから、長男が知らなくてもおかしくはないのですが。

まだまだ小学生。知ってるとは思わずに、地道に漢字もやらせよう。
毎週のように塾でやっているからと家庭学習での優先順位は低めでした。
でもさすがに、6年生になるので、毎日の家庭学習の課題としても優先順位を上に。
現状では国語で点数稼ぎを期待できない以上、やればやるだけ得点になり得る漢字で点数を稼がないと💦

漢字を覚えるという点では塾で使用している予習シリーズ「漢字とことば」の繰り返しがよいのですが、言葉に触れる機会(いろんな使用例、例文)を増やした方が長男にはよいと思い、また、マス目があった方がよいと思い(丁寧さに欠けるので直したい)、漢字ドリルを使用しています。1ページあたりの分量が多すぎないことも大事。やる気に影響します。

中学受験に使う漢字の教材として、
初めて習う漢字には、予習シリーズ「漢字とことば」は良い教材だと思います。
熟語などが、当該漢字のどの意味で出来ているのか見やすいので。
既に習っている漢字の反復練習には、サピックスの漢字の要ステップ1が良い教材だと思います。
意味と答えがすぐ確認できるように書かれているので(意味は全部に書いてあるわけではないです)。
熟語は意味を知ってないと意味がないですが、調べる手間を長男は厭うので、長男の場合、意味がすぐ確認できるところに書かれていることは必須です(それでも見ているかあやしい😢)。

あぁ、勉強させる方策を考える、そのエネルギーを他のことに使いたい💦
そんなことを思いながら22時30分頃に帰宅すると、眠そうな目で漢字学習していた長男。
頑張ってるよね、長男は。長男なりにほんとよくやってる。
父も頑張ります💦

6年前期の教材

長男は6年生の間も継続して今の塾に通います。
塾から6年前期の教材の案内がありました。
任意のものは購入せず、必須の教材だけでも約4万円。前期分だけで。
後期分も含めると(後期に必要な教材は知りませんので想像で)、おそらく7万円くらい⁉️
おそらく通常授業分だけで。
有効活用して、合格すれば、安いもんです。
えぇ安いもんですよ💦
問題集は別としても、せめて基本テキストの予習シリーズくらいは受講料に含まれていてほしいと思うのは父くらいでしょうか?せこいですかね?
6年生になって増える受験費用を思うと、そんなこと考えてしまいました。

5年生最後の週テスト

テスト後の長男の感想では、どの科目もまぁまぁできた。
結果はというと、点数は伸びず。前回より数点下がりました。
平均点がまだ出ていないので、テストの難易度はわかりません。
点数よりも、長男の感想と点数とにズレがあるのが気になります。
こんなときこそ、解けなかった問題とその原因を確認し、克服することが大事。
この積み重ねが未来に繋がります。

今日から、5年生最後の組分けテストに向けて頑張ろう⤴️

週テスト前の勉強

今日は5年生最後の週テスト。
気合い入れて勉強するかと思えば、これまで通り、20分程勉強して休憩。
長男の口癖。ちょっと休憩。5分だけ休憩。
たいていの場合、ちょっとで済まず、5分をこえる。
ちょっと休憩も積み重なれば休憩時間が長くなる。当然勉強時間が短くなる。
早くゴールから逆算して時間管理できるようにならないかなぁ。
いつまで経っても塾の宿題でイッパイイッパイの日々。
朝の勉強を自発的に少しやるようになっただけマシか。
6年生になって通塾日が増えると、塾の宿題やるだけでも、これまたイッパイイッパイの日々になりそう😱

自分の時間

最近の長男は、中学に入ったら自分の好きなことに時間を使いたい、とよく言う。

前回、だらだらしたいと書いたダメな父と同じで、長男も基本的にだらだらしたいタイプ。わが家はみんなそう。
父よりももっと、長男はダラダラしたり、やりたいことに時間を使いたいはず。やりたいこともたくさんあるだろうし。
学校でも、塾でも、塾なし日も勉強。
父以上に、時間が欲しいはず。

これからは意識して、自分の時間を作ってあげよう。
まずは自分の時間を作れるよう、時間管理、時間の有効活用をできるように。朝勉、隙間時間での暗記など。
今週から、朝の勉強を少しずつ自分でやり始めている様子。
頑張っているとき、疲れがみえるとき、自分の時間を持たせてあげよう。
時間管理がうまくできるようになれば、少し早めに、精神的につかれる前に、自分の時間を持たせてあげたい。
現実的には時間が足りず、そんな余裕はないだろうけど。

心身ともに健康であることが大事な1年。
その自覚を親が常に持ってないといけない。
負担をかけすぎないように気を付けながら、アクセル踏み続けます。

やっぱり国語

志望校判定テストの結果がでました。
予想より良かった、というのが正直な感想です。
でも、算数はあと15点は取ってほしい。取れるはず。
国語は偏差値50をぎりぎりこえました。安定して55は取ってほしい。これはまだ願望ですが、夏休み前には達成してほしい。秋頃には60をこえてほしい。どんどん欲張りになります💦欲をいえばきりがありませんが、目標を高く持つことも大切です。
目標達成に必要なのは、親のサポート、指導でしょうか。個別も家庭教師も利用しないので。まだ小学生。あまり多くを期待してはいけないですね。これまでは問題集を渡して父の仕事完了にしてましたが、それで成績アップを期待するのは都合がよすぎます。長男の尻を叩く前に自分のやる気を起こさないといけません。あ~、だらだらしたい、なんて本音は間違っても言わないようにします。

良い問題集でも子どもだけで実力アップは難しい。既に塾の良い教材を使用しての現状ですから。学んだことを身につけるためには、サポートが必要です。わかってはいるんですけど、なかなかやれません。長男には絶対に聞かせられない発言です💦こんな父の子だから、現状でも十分褒められる成績なんですけどね。ついつい欲が出ちゃいます。

せめて、ブログでは言いたい。
仕事で疲れて帰った後くらいは、
あ~、だらだらしたい💦

志望校判定テスト

先日、志望校判定テストを受けました。
受けた後の長男の感想は、
算数と社会はまぁまぁできた。

結果は、
算数 8割に届かず
国語 約5割
理科 約7割
社会 9割に届かず

分析はこれからです。
国語以外は、後期の範囲ができていれば現状ではよしとします。
国語は漢字など知識問題が残念なことになってます⤵️
最後に解いたため時間切れになったとのこと。
時間配分、何から解くかの戦術部分をもう一度教える必要がありそうです。
早く読む、一読で要旨を把握する、そんな力もつけないといけません(これは秋までの目標です)。

今回は、弱点や要補強分野の把握のため、本人の尻を叩くためのテストと位置付けておくことにします(負け惜しみ💦)。

やってできた分野は、やればできるねと褒めて、おだてて。やってもできなかった分野は、もう少しやらなきゃね、やればできると励まし。手薄な分野は、やっぱりやらないとできないね、やろうねと気を引き締めたり。
調子にのらせたり、危機感を持たせたり、自信をつけさせたり。やる気を起こす、集中力を高める声かけ。
そんなこともやらないといけませんね。

まずは親が受験を楽しむ。
そんな心持ちでいきます。